知っておきたい生理前のオリモノの悩みと症状

おりものの悩みで匂いと色や量等が考えられますが、それぞれどんな原因が考えられるのでしょうか。明らかに毎日の生活の中で違和感を感じるのは、病気のサインかもしれません。軽く酸っぱい匂いや生理直後の色、排卵日付近の粘り気のあるおりものの量が増える事はほぼ正常だと思われます。

注意したいオリモノの症状

naya

逆に水っぽく量が多い、ヨーグルト状のボソボソしたおりものだったり、膿のような黄色や黄緑色、腐ったような匂いがあるおりもは放置をせず病院へ行く事をおすすめします。

ピンク色や血が混ざっている様なおりものも、出血している可能性が高いので、自己判断せずに婦人科へかかりましょう。病気とは限らず妊娠の場合にもおりものの色は変わるので、どちらにしても診てもらう事は必要です。

  • 水っぽいオリモノ
  • ヨーグルト状のオリモノ
  • 膿のような黄緑色のオリモノ
  • 腐った匂いのオリモノ

年齢とともに変化するオリモノ

また、年齢と共に変化をする事も考えられます。30代までがおりものの量が多いピークで、それから緩やかに閉経に向かって量は次第に少なくなります。年齢に合わせた対処法を見つける事も大切ですね。

日頃の注意として清潔に保つ、お手入れをするのはもちろんの事で、性行為で細菌が入る事の予防で必ず相手の方に避妊具を付けてもらう、おりものシートをこまめに取り替える等、ご本人も衛生面をきちんと怠らず、相手にも協力をしてもらう事が大切です。痛みや痒みなど不快があれば我慢をせずに直ぐに病院へ行きましょう。

将来、お子さんを希望されるのであれば尚更早目の対処が必要です。おりもの対策として、石鹸で洗う、先ほど挙げたおりものシートを使う、ビデでの洗浄等ががあります。

石鹸で言うと最近ではデリケートゾーン専用の物がありますので、そちらも使われてみるのも効果的だと思います。これらの他におりものの量が多い悩みの原因として、実は糖質の摂り過ぎも考えられます。糖質の摂りすぎはおりものの量が増えるだけでは無く、婦人科系の病気にも影響があります。

1日の必要な糖質以外は控えるようにすると、おりものの量は改善されると思います。いずれにしても日頃からのお手入れと、違和感があれば直ぐに病院へ行く事は大切です。

デリケートゾーンなので病院に行く勇気がなかなか持てない方もいると思いますが、1人で悩まずに誰かに相談したりネットで調べてみると悩みの原因がわかる事もあるので、症状が出たら安易に考えず治る方法を必ず見つけましょう。

SNSでもご購読できます。