臭いだけじゃない。おりものに異常がある場合は要注意

毎日におっているわけではないけど、ふとした時にするデリケートゾーンのにおい。気になり始めるととまらなくなりませんか?
例えば着替える時、トイレに入った時。和式トイレなんかだと特に、下着が顔に近づくので嗅がずにはいられないです。

しかしこの臭い、自分の臭いなんでしょうか。自分のフェロモンというか、自然に発するものなのか、はたまた何か他に原因があるのか。誰かに嗅いでもらうわけにもいかず1人で悩んでしまいます。気にしすぎなのかもしれません。

naya

意外にも臭いと思っているのは女性だけで、男性にとってはいい臭いと感じる場合もあるようです。こちらの場合はフェロモンと言えるのでしょうが。臭いがしないと燃えないという男性も多いみたいですから。

おりものに異常がある場合は要注意

臭いだけでなくおりものに異常がある場合は注意が必要です。生理痛がひどくなった。性交痛がある。性器周りにできものがある。などの場合は自分だけでは治せません。勇気を持って病院に行きましょう。場合によってはパトーナーも一緒に治療しなければならないかもしれません。

あと考えられるのは、臭いを気にしすぎて石鹸で洗いすぎること。膣の自浄作用を押さえてしまい、かえって細菌感染しやすい状態に、なってしまいます。その細菌というのはどこからやってくるかというと、まずは汚れた下着、生理中のナプキンやタンポン、パンティライナー、性交渉などです。

ohwu
タンポンなどこまめに取り替えられない時もありますが、だからこその自浄作用なのです。どうしても気になるのなら、お湯だけでサッと洗いましょう。あと、臭いを気にするあまりに臭いに臭いで対処するのはやめましょう。
妊娠していた時に通院していた産婦人科の男性医師から聞いた話なです。「患者さんの中に性器に香水をかけてくる人がよくいるんだけど、構造的に蒸れる場所ですし、強い香水だとかぶれの原因にもなるし、第一いい臭いではないです。
こちらに気を使ってのことなんでしょうけども、それは大丈夫です。」と、言っていました。そして帰り際に看護師さんがどうしても気になるのなら、あかちゃん用のおしりふきでふいたらいいよ。と、教えてくれました。

清潔すぎてもいけない、不潔すぎてもいけない。難しいですが、自分の体と上手に付き合って行きましょう。その臭いは病気のサインかもしれないですからね。

SNSでもご購読できます。