おりものが原因?デリケートゾーンの臭い対策まとめ

女性の繊細な悩みの一つに、デリケートゾーンの臭いに関する悩みが挙げられます。お手洗いに行った時やしゃがんだ瞬間など、ふとした時に感じる独特の香り…。自分で気付く分にはいいけれど、周りの人にも気付かれていたらどうしよう?そんなお悩みを持った方にお伝えしたい、デリケートゾーンの臭い対策をまとめてみました。

おりものが原因?デリケートゾーンの臭い対策

naya
対策を打つには、まず原因を知ることが大切。デリケートゾーンの臭いの主な原因は、次の3つです。

  1. 蒸れによる雑菌の増殖
  2. 経血やおりものなどの分泌物
  3. 汚れや臭いを含んだ分泌物がしっかり洗い落とせていないこと

ohsoh

それぞれを解消する対策をとることにより、効果的な臭い対策へと繋がっていくのです。それでは、その一つ一つについてお話ししていきましょう。

蒸れによる雑菌の増殖

まず①蒸れによる雑菌の増殖。デリケートゾーンはどうしても湿りがちで、ちょっとしたことで侵入した雑菌が増殖しやすい環境にあります。

そこで採用したいのが、天然素材の下着を着用するということ。ポリエステルなどの化学繊維はどうしても通気性が悪く、湿気をその場に留めてしまいがちなので、通気性に優れた綿などの天然素材の下着に替えることにより、蒸れを防止しましょう。

なお、お尻をすっぽりと隠す下着より、Tバックの方がより通気性がよく臭いがこもらない傾向があります。抵抗がない方は、Tバックを試してみることもおすすめします。

経血やおりものなどの分泌物

次に、②経血やおりものなどの分泌物。経血については勿論のこと、おりものもホルモンバランスなどの影響により多少なりとも出てしまうものなので、これは生理ナプキンをこまめに替えて臭いがこもらないようにしたり、パンティライナーを使って分泌物を下着に触れさえないような工夫をしましょう。

下着そのものに付着しなければ臭いはそこまで残らないので、下着を洗わずとも分泌物をさっと捨てられる道具を有効に使いましょう。

ただ、おりもの自体に次のような臭いがある場合は、性病や細菌性膣炎の恐れがありますので、婦人科に診察へ行くことをおすすめします。

  • とても強い酸っぱい臭い。
  • 水っぽいおりもので臭いが強い。
  • 魚の腐ったようなツーンとした生臭い匂い。

引用 おりもの臭い改善.com

汚れや臭いを含んだ分泌物がしっかり洗い落とせていない

そして、③汚れや臭いを含んだ分泌物がしっかり洗い落とせていないこと。これに対する対策は、臭いの除去に特化したボディソープを使うことをおすすめします。体全体に使える消臭機能が高い石鹸などを使っても良いですが、女性のデリケートゾーンにおすすめなのは、インドネシアのハーブ『ジャムウ』を使った専用石鹸。

hduh

これはデリケートゾーンのケアに特化した石鹸で、臭いがさっぱりとなくなるほか雑菌も綺麗に洗い落としてくれる上、女性らしい体つきになる、膣の締まりが良くなるなどの機能も謳われている、女子力を多方面からあげてくれる石鹸なのです。臭いのケアと同時に女性らしい身体を作るお手伝いをしてくれる『ジャムウ』は、なかなか市販がされていませんが、通信販売などで手に入れることが出来ます。

いかがでしたでしょうか?対策を打つには、その原因を突き止めて一つ一つ対処していくことが大切。ご自分に思い当たる原因を探り出し、ピンポイントで解消していくことにより、デリケートゾーンの臭い問題を解決していきましょう。

 

病気以外で考えられるオリモノのニオイと対策

トイレやお風呂の前、下着を脱ぐと、もわんとなんとも言えないニオイがする・・・そんな経験はありませんか?

場所が場所だけに、誰かに相談するのも恥ずかしいし、ワキとか足の裏みたいに、ドラッグストアで気軽に買える消臭剤をつかうこともできない。本当は、病院で相談するのがいちばんいいんだろうけど、もし何かの病気(特に性病)が発覚したら恐ろしいし、何もなかったらなかったでおおげさとか、不潔にしてるんだろとか思われるのも怖い。

考え込む女性

オリモノのニオイが気になる女性は、そんな悩みが常に頭のなかをぐるぐるしています。

産婦人科って、何歳になっても敷居が高いもの。仕事で忙しかったりすると、行く暇もなかったり・・・。そんな貴女のために、病院へ行く前に、自力でケアできる方法をお話しします。

下記のことを実践してなお、ニオイが改善しない場合は、病気である可能性が高いので、その時はちゃんと専門医に診てもらって下さいね。

オリモノのニオイと対策

ニオイの原因

  1. 蒸れによるニオイ
  2. 疲労によるニオイ
  3. 洗いすぎによるニオイ

1.蒸れによるニオイ

特に夏場だったり、汗をかく仕事をしている人に多いのが、蒸れによるニオイ。冬場やあまり動かなかった日にはニオイがあまりしない・・・という人はこれが原因かもしれません。

化学繊維の下着を着用している場合は、コットン素材のものにしましょう。股下がピチっとしているパンツより、スカートまたは股下に余裕のあるパンツを履きましょう。

ストッキングは、おなかまであるパンティストッキングより、ガーダーストッキングがオススメです。

また、オリモノが出るからとオリモノシートを使用している場合、オリモノシート自体が蒸れを発生させている場合があります。2枚重ねのオリモノシートやトイレに流せるタイプのオリモノシートは便利ですが、通気性は悪いです。オリモノシートをこまめに交換するか、通気性を重視したオリモノシートに変えるか、思い切ってオリモノシート自体をやめてみましょう。

2.疲労によるニオイ

特に疲れている時、睡眠不足の時、ストレスを感じている時にニオイが強くなるパターンです。

疲労が原因なら、栄養バランスのいい食事をして、睡眠時間を確保して、ストレスがない生活を送れば改善されます。が、大人の女性は仕事や家事などで、そうも言っていられない場合がありますよね。
匂ってるかも?と疑心暗鬼になってしまうことが、ストレスを増大させてしまいます。オリモノシートをこまめに交換する、消臭効果のあるオリモノシートを使うなどしましょう。すると、実際のニオイ改善効果の他、「ちゃんとケアしてるから大丈夫!」という心の安心にもつながります。市販の膣洗浄剤(携帯ビデ)を使うのも、大きな安心感を得ることができます。

3.洗いすぎによるニオイ

意外かもしれませんが、デリケートゾーンのニオイが気になって洗い過ぎると、却ってニオイが強くなってしまうことがあります。
2で携帯ビデをオススメしましたが、これも使い方には注意が必要です。
膣内には嫌なニオイを発生させる雑菌と、ニオイを防ぐ効果のある常駐菌がいます。雑菌は膣外からの侵入者であるのに対し、常駐菌はその名の通り膣に常駐しています。膣内を洗いすぎることで常駐菌がいなくなってしまった膣内に、膣外から雑菌がやってきたら、膣内は雑菌の天下となってしまいます。その結果、より強いニオイが発生してしまうのです。
携帯ビデは1日1回までと決めて、トイレのウォッシュレットのビデ機能を使うのも、1日数回、数秒程度にしておきましょう。

また、お風呂で石鹸などを使って膣内まで洗うのは絶対にNGです!石鹸で洗うのは、外陰部までにとどめましょう。それも、ゴシゴシ洗うのではなく、さっと洗う程度で充分です。
充分洗わないといけないのは、膣ではなく、肛門です。排便後やお風呂では肛門付近を清潔にするように心がけましょう。あまり考えたくないことですが、やはり、膣にいちばん近く、雑菌が多いところなので、肛門から膣に雑菌が移動してしまうケースも多いのです。

病気以外でオリモノが臭う原因と対処法を挙げてみました。デリケートな部分だけに、匂ってるかも・・・と思うと、パートナーや近しい人などとの人間関係にも影響してしまいますよね。

ニオイをなくしてストレスフリーな毎日が送れますよに!!

知っておきたい生理前のオリモノの悩みと症状

おりものの悩みで匂いと色や量等が考えられますが、それぞれどんな原因が考えられるのでしょうか。明らかに毎日の生活の中で違和感を感じるのは、病気のサインかもしれません。軽く酸っぱい匂いや生理直後の色、排卵日付近の粘り気のあるおりものの量が増える事はほぼ正常だと思われます。

注意したいオリモノの症状

naya

逆に水っぽく量が多い、ヨーグルト状のボソボソしたおりものだったり、膿のような黄色や黄緑色、腐ったような匂いがあるおりもは放置をせず病院へ行く事をおすすめします。

ピンク色や血が混ざっている様なおりものも、出血している可能性が高いので、自己判断せずに婦人科へかかりましょう。病気とは限らず妊娠の場合にもおりものの色は変わるので、どちらにしても診てもらう事は必要です。

  • 水っぽいオリモノ
  • ヨーグルト状のオリモノ
  • 膿のような黄緑色のオリモノ
  • 腐った匂いのオリモノ

年齢とともに変化するオリモノ

また、年齢と共に変化をする事も考えられます。30代までがおりものの量が多いピークで、それから緩やかに閉経に向かって量は次第に少なくなります。年齢に合わせた対処法を見つける事も大切ですね。

日頃の注意として清潔に保つ、お手入れをするのはもちろんの事で、性行為で細菌が入る事の予防で必ず相手の方に避妊具を付けてもらう、おりものシートをこまめに取り替える等、ご本人も衛生面をきちんと怠らず、相手にも協力をしてもらう事が大切です。痛みや痒みなど不快があれば我慢をせずに直ぐに病院へ行きましょう。

将来、お子さんを希望されるのであれば尚更早目の対処が必要です。おりもの対策として、石鹸で洗う、先ほど挙げたおりものシートを使う、ビデでの洗浄等ががあります。

石鹸で言うと最近ではデリケートゾーン専用の物がありますので、そちらも使われてみるのも効果的だと思います。これらの他におりものの量が多い悩みの原因として、実は糖質の摂り過ぎも考えられます。糖質の摂りすぎはおりものの量が増えるだけでは無く、婦人科系の病気にも影響があります。

1日の必要な糖質以外は控えるようにすると、おりものの量は改善されると思います。いずれにしても日頃からのお手入れと、違和感があれば直ぐに病院へ行く事は大切です。

デリケートゾーンなので病院に行く勇気がなかなか持てない方もいると思いますが、1人で悩まずに誰かに相談したりネットで調べてみると悩みの原因がわかる事もあるので、症状が出たら安易に考えず治る方法を必ず見つけましょう。

おりものシートで不快な臭いををガード

女性なら誰しも悩んでるんじゃないでしょうか?おりものの臭い。決していい匂いではありませんよね。

私も生理前になると臭いがキツくなり生理前から憂鬱な気分になります。数年前におりものシートを初めて使った日から欠かすことなく使用しています。

おりものシートで臭いをガード

おりものシート

ショーツが汚れることもないし、臭いがきついな、と感じたらすぐに取り替えれば良いのでおりものに悩む女子の強い味方ですよね。価格もそこまで高くなく、手持ちのおりものシートがなくなってもドラッグストアなどですぐに手に入ります。

おりものシートを使うまではショーツに白く固まるし、ひどい時はショーツにたくさん付いていて不快だし、生理が始まったかな?と焦ることも度々ありました。きつい臭いのおりものは周りに人がたくさんいるときやデートの時などかなり気になるし最近お店に売ってあるフレグランス付きのおりものシートでごまかしています。

でも、おりもの自体はうざったく感じていても女性のデリケートな部分をおりもののバリア機能で守ったりしてくれているんですよね。なのでうまく付き合いながら生活するしかないですよね。

疲れているとおりものの臭いが強い?

以前私が体感したというか思ったことなのですが、個人的なことかもしれませんが疲れている時のほうが酸っぱい臭いがした様な気がします。20代前半の時に工場で激務な上、交代制で夕方から朝方まで働いたり自炊するのがキツくてコンビニのご飯ばかり食べていた時期があり、その時はおりものの臭いが強かった気がします。

なので、疲れていたり、精神的にきつい時期だったり不規則な生活をしているとおりものの臭いや量に関係するのかな?と思います。あくまで私の感想なので個人的な症状かもしれません。それに、お風呂に入らずに寝ちゃった次の日もおりものが増えている様な気がします。やっぱり清潔さがなくなると雑菌を出そうとおりものが出るのでしょうか?

デリケートゾーンって綺麗に洗っている様で本当に汚れが落ちているのか不安という方も少なからずいると思います。私もその1人で綺麗にはしているつもりだけどたまにおりものが多い日があると前の日に綺麗に洗えていなかったのかな?と不安になるときもあります。

女性の大切な部分を守ってくれているおりもの。臭いや煩わしさの悩みもあるけど対策や生活スタイルに気をつけて上手に付き合っていきたいですよね。

臭いだけじゃない。おりものに異常がある場合は要注意

毎日におっているわけではないけど、ふとした時にするデリケートゾーンのにおい。気になり始めるととまらなくなりませんか?
例えば着替える時、トイレに入った時。和式トイレなんかだと特に、下着が顔に近づくので嗅がずにはいられないです。

しかしこの臭い、自分の臭いなんでしょうか。自分のフェロモンというか、自然に発するものなのか、はたまた何か他に原因があるのか。誰かに嗅いでもらうわけにもいかず1人で悩んでしまいます。気にしすぎなのかもしれません。

naya

意外にも臭いと思っているのは女性だけで、男性にとってはいい臭いと感じる場合もあるようです。こちらの場合はフェロモンと言えるのでしょうが。臭いがしないと燃えないという男性も多いみたいですから。

おりものに異常がある場合は要注意

臭いだけでなくおりものに異常がある場合は注意が必要です。生理痛がひどくなった。性交痛がある。性器周りにできものがある。などの場合は自分だけでは治せません。勇気を持って病院に行きましょう。場合によってはパトーナーも一緒に治療しなければならないかもしれません。

あと考えられるのは、臭いを気にしすぎて石鹸で洗いすぎること。膣の自浄作用を押さえてしまい、かえって細菌感染しやすい状態に、なってしまいます。その細菌というのはどこからやってくるかというと、まずは汚れた下着、生理中のナプキンやタンポン、パンティライナー、性交渉などです。

ohwu
タンポンなどこまめに取り替えられない時もありますが、だからこその自浄作用なのです。どうしても気になるのなら、お湯だけでサッと洗いましょう。あと、臭いを気にするあまりに臭いに臭いで対処するのはやめましょう。
妊娠していた時に通院していた産婦人科の男性医師から聞いた話なです。「患者さんの中に性器に香水をかけてくる人がよくいるんだけど、構造的に蒸れる場所ですし、強い香水だとかぶれの原因にもなるし、第一いい臭いではないです。
こちらに気を使ってのことなんでしょうけども、それは大丈夫です。」と、言っていました。そして帰り際に看護師さんがどうしても気になるのなら、あかちゃん用のおしりふきでふいたらいいよ。と、教えてくれました。

清潔すぎてもいけない、不潔すぎてもいけない。難しいですが、自分の体と上手に付き合って行きましょう。その臭いは病気のサインかもしれないですからね。